Fb x Pinterest:愛好家が喜ぶ2つのアプリ

Fb x Pinterest:愛好家が喜ぶ2つのアプリ2012年05月15日 AM 12:12

それでなくても楽しめるピンタレストを、実はもっと楽しむためのツールも沢山あります♪

 

今月は、ソーシャルメディア女子部の「Pinterest勉強会」もあることで、いろいろ調べてみています。まあ、面白いツールがたくさんあること!

 

今日は、その中から、ピンタレスト大好きなフェイスブックユーザが喜びそうな2つのアプリをご紹介します。

 

Fbのニュースフィードが美しいピンタレストボードに早変わり♪

ピンタレストの魅力は、細かな文字を読まなくても、情報が視覚的に入ってくること。そして、なんといってもカラフルで美しいこと!毎日見るフェイスブックのニュースフィードがこんなに美しかったらな~、なんて思ったことありませんか?ない?!思いつきもしなかった(笑)?

 

でも、そうなったら嬉しい?・・・

そこで「はい!」と答えた人は、ぜひこちらのアプリを使ってみてください。

Pin Viewer: https://apps.facebook.com/pinviewer/

 

私もやってみました。アプリを許可すると、いつものニュースフィードが、こんな風に見えるように・・・
同じ内容でも、ビジュアル表現になると、なんだか楽しさが増しますね~♪

 

一度許可したら、アプリメニューから「PinView」を選択するだけで、いつでもピンタレスト風タイムラインが楽しめます。また、この画面から検索すると検索結果もピンタレストのボード風に表示されます。また新し楽しみ方発見♪

 

では、フェイスブック「ページ」はどうでしょう?

 

原則、全ての投稿が公開情報であり、広く拡散したい内容でもある「Fbページ」ですから、Fbに投稿すると同時に人気急上昇のピンタレストにも投稿したいじゃありませんか?!私は、そう思って探してみたら、なんと!

 

ページがボードに、投稿がピンに早変わり♪

Fbページの投稿をピンタレストボード風に見せてくれるだけではなく、そこからワンクリックで好きな投稿をピンタレストのほうにも張り付けてくれるアプリがありました。こちらです↓

Pinvolve:  https://apps.facebook.com/pinvolve/

 

Pinvolveは、Fbページ専用のアプリなので、利用する際は、どのページに設定したいかをまず選びます。

上記のURLを開くと、このような画像が出てきます。

 

ここで「Add to my page」ボタンをクリックして、ご自分が管理しているページから一つ選びます。複数のページに設定する場合は、このステップを繰り返すだけです。

 

さっそく私のページに設定してみると・・・

 

 

 

細かな文字情報などが消えて、ビジュアルメインの素敵なウォールになりました!そして、個々の投稿にマウスオーバーしてみると、右上に「Pin In」というボタンが現れます。これをクリックするだけで、ピンタレストのほうにFbページの投稿がそのまま投稿されます。なんと、簡単!

 

 

たちまち、Fbページの内容がピンタレストのネットワークにも告知できてしまう。そして興味ある人たちをしっかりFbページへ誘導できる。嬉しいツールですよね。

ビジュアルから入るので、目に優しく、癒し系のピンタレストは、次々のソーシャルネットワークに影響を及ぼすことだと思います。まだ使っていない皆さん、乗り遅れる前に、ぜひ試してみてください♪

 

そしてピンタレストツール、このほかにもいろいろ見つけてきますので、ぜひご期待くださいね。

 

5月26日のソーシャルメディア女子部「Pinterest勉強会」も、お見逃しなく♪

「Pinterest勉強会」Fbイベントページ: https://www.facebook.com/events/161778837282281/

Ustream生放送はこちらから:

http://www.ustream.tv/channel/women-in-social-media

投稿者:takao

記事のリンク:http://pallasnet.com/news/133/

カドを立てずに言いたいことを言う方法

全国書店発売中!

「カドを立てずに言いたいことを言う方法」

平原由美の「女神たちの愛され交渉スタイル

仕事も生活も女性らしく、優しく、でもパワフルに。
遠慮も我慢もしない、堂々とした自分を発見したい!
そんな女性たちが集う、学びと交流の場です。

  • More
  • マシュマロサムタイムス
  • Books
  • eMagazine
  • Downloads
  • マシュマロスタジオ
  • So-Bee