Facebookで見てもらう戦略、また変わる

Facebookで見てもらう戦略、また変わる2013年08月29日 PM 05:52

私たちがFacebookを開く度に、1500ほどの表示可能な投稿から、その時画面に表示されるものが自動的に選択されます。この選択を自動で行うための計算式(プログラム?)を、専門家はアルゴリズムといいます。

Facebookが、見せる投稿と見せない投稿を勝手に選ぶとこについて、不満を言うユーザも少なくない中、今まではそのアルゴリズムについて、あまり情報開示されていませんでした。でも、最近、Facebook社の方針が変わり、少しずつですが、その仕組みをブログで公開しはじめたそうです。

その透明化の動きと同時に発表されたのは、最近英語圏にて導入が始まった新たなアルゴリズムです。今までは、投稿の新しさや人気度(いいね!やシェアの数)、発信者と受信者の親しさなどが大きな影響力を持っていたところ、今回の変更では、なんと1000以上の要素が結果を影響するようになるとか!全て公表されるわけではないのですが、いくつかの重要な変更点について発表がありました。

 

変更点を分かりやすい言葉でいうと:

1.「最近注目した相手」の投稿が表示されやすくなる。

2.「まだ見ていない」重要な投稿は、古くなっても表示されやすくなる。

 

これは、一般ユーザにとって、どういう意味があるか?

誰かの投稿に「いいね!」やコメント、シェアなどすると、次にFacebookを開いた時に、その人の投稿が出やすくなります。今まで以上に。

誰かの写真やリンクをクリックしたり、誰かのプロフィールページやアルバムを覗いてみる行為も、その人に注目したということになって、次からはその人の投稿がニューズフィードに表示されやすくなります。つまり、「なにこいつ!?」という好意以外の好奇心で誰かの情報を閲覧しただけでも、その人がやたら見えてきちゃったりするかも(><)!

もう一つの「まだ見ていない」重要な投稿を表示してもらえるのは、嬉しいこと?たとえば、さっきログインした時に、10個めの投稿があなたの憧れの人の写真だったのに、10個めの投稿までスクロールしないでログオフしちゃった!今までなら、もうその投稿は一度ランクインしたのにあなたの反応がなかったということで片付けられてしまうところ、今後は「これ、まだ見ていませんよね」という感じで、次にログオンした時に改めて表示されるかも!他の要素による点数が良ければ、ですけどね。

 

では、Facebookページを運営するビジネスにとって、どういう意味があるか?

「最近注目した相手」という要素が入ってくると、益々各投稿に対してアクションを起こしてもらう重要性が増しますね。誰も触ってくれない投稿ばかり発信していたら、どんどんページの存在が薄くなってしまします(><;)!

逆に、思いがけずに反応が良かった投稿があれば、その直後の投稿は最近反応してくれた人たちのニュースフィードに表示されやすいということも、頭に入れておいて!

また、その人に重要な投稿ならば、すぐに見てもらえなくても、「まだ見ていない」投稿として、次のログオン時に表示される可能性が高まります。なので、熱狂的なファンがいるページにとっては、非常に嬉しいこと!どんなページも熱狂的なファンを増やすことが、投稿を確実に見てもらうための秘訣になりますね。

 

以上、今後のFacebookアルゴリズム変更が、私たちにとってどういう意味を持つのか、なるべく分かりやすく説明してみたつもりです。わかった?(^^)

もう日本ユーザのニュースフィードも、新しいアルゴリズムに変わったのでしょうか?皆さんのニュースフィードはどうですか?何か変わった??

 

参考記事:

Facebook Updates News Feed to Feature More ‘High Quality’ Content

Facebook To Publicize News Feed Algorithm Changes, Starting With New “Story Bumping”

投稿者:Yumi Hirahara

記事のリンク:http://pallasnet.com/news/727/

カドを立てずに言いたいことを言う方法

全国書店発売中!

「カドを立てずに言いたいことを言う方法」

平原由美の「女神たちの愛され交渉スタイル

仕事も生活も女性らしく、優しく、でもパワフルに。
遠慮も我慢もしない、堂々とした自分を発見したい!
そんな女性たちが集う、学びと交流の場です。

  • More
  • マシュマロサムタイムス
  • Books
  • eMagazine
  • Downloads
  • マシュマロスタジオ
  • So-Bee