Social Media

見たくない投稿の対処法2014年09月08日 PM 02:14

感情と記憶力ってつながっています。
(脳の中でも同じ箇所、大脳辺縁系が関与しています)

 

だからソーシャルメディアの投稿は、
感情に訴えるもののほうが記憶に残るのですね。

 

感動する、嬉しくなる、笑える投稿ならウェルカムです。
でも、むかつく、恐い、不快な投稿には、ストレスが溜まります。

 

そんな時は、どうしたらいい?

 

その人が家族や職場の人など、
毎日顔を合わせる人でなければ、何も悩むことはないですね。

 

とにかくその投稿が見えなくして、
その人の今後の投稿について考えてみることです。

 

以下に、Facebookの機能を使って具体的な対処法を
段階的に解説してみます。

 

第1段階:非表示

嫌な投稿を目にした時、まず、その投稿を「非表示」にします。
登校の右上の角にプルダウンメニューが隠れています。
それをクリックすると「非表示にする」という選択肢が見えます。
それを選べば、投稿は隠されます。

 

第2段階:フォローをやめる

その人の投稿を全て見たくない時、
上記のプルダウンメニューから「〇〇さんのフォローをやめる」を選びます。
こうすると、その人の今後の投稿も見えなくなります。
でも、まだ「お友達」です。相手には何も知られません。

 

第3段階:知り合い

義理で友達になっているけど、友だち限定で投稿する内容を
その人には見せたくない場合は「知り合い」カテゴリーに入れましょう。

その人のプロフィール写真か名前部分にマウスを載せると、
その人のプロフィールのポップアップ画面が出てきます。
そこでフォローをやめることもできますし、
友だちボタンにマウスを載せると、されに出てくるメニューから
「知り合い」という選択肢が選べます。
「知り合い」にチェックを付けると、
その人の投稿がほとんど表示されなくなるうえ、
自分が投稿する時に「知り合い以外の友達のみ」という
限定投稿でそういう人に見せない設定ができるようになります。

 

第4段階:友達から削除

自分の友達リストにその人を入れておくことせえ耐えられないのであれば、
上記と同じ友達「友達」ボタンから「友達から削除」を選びます。
そうすると、友達になる前の状態に戻ります。
相手には通知されません。
もしあなたのプロフィールページを開くことがあれば、
「あれ?友達になっていたと思ったのに??」と思われるかも。
再度、友達リクエストがくることも!
その時は、一緒に「あら?友達でなかったですか?!」と
とぼけておけばOK♪
でも、これを繰り返すと、怪しまれます(笑)

 

第5段階:ブロック

二度と関わりたくない人は、「ブロック」できます。
その人のプロフィールページを開きます。
一番上を飾るタイトル画像の右下に「友達」などのボタンが並んでいますが、
その一番右の「…」をクリックするとメニューが出てきます。
その中から「ブロック」を選びます。問題を起こしている人なら、
同時に「報告」もできます。

ブロックした人は、あなたの投稿を見ることも、
あなたに友達リクエストすることもできません。

ブロックを、後で解除することはできます。

 
 

ソーシャルメディアは、良い感情を伝達するためにあるものだと私は思います。

嫌なことは、極力排除するようにしないと、ストレスになります。

対策をきちんととって、ストレスのないソーシャルメディアライフを楽しんでください♪

 

投稿者:Yumi Hirahara

記事のリンク:http://pallasnet.com/socialmedia/890/

今すぐパスワードを変更!Heartbleedバグの危機2014年04月12日 PM 12:45

インターネット市場最大のセキュリティ危機とも言える「Heartbleed Bug(ハートブリードバグ)」が、先日発見されました。

この”Hearbleed Bug” (訳して”心臓出血バグ”)は、あらゆるウェブサイトを保護するOpenSSLの暗号化コードを解読してしまうバグです。これをハッカーが利用することで、例えば「https://」から始まるセキュアサイトからクレジットカード情報などを、遺跡を残さず盗み取ることができます。

調査によると、多くの大手サイトが、このバグに対して無防備であったことが判明されています。中には、Yahoo、Google、YouTube、Instagram、Pinterestなど、日本でもおなじみのサービスがあり、影響があったかはっきりしていないリストにはFacebookも含まれています。

これらのサービスは、過去半年間は少なくても無防備の状態であったこと、そして、もしハッキングされていたとしても、その遺跡が残っていないということで、ユーザのパスワード情報などが既に漏出している可能性があるとされています。

影響を受けたサービスは、次々とバグ修正の対策を行っています。その更新作業が完了したうえで、ユーザには早急にパスワードを変更するように呼びかけています。

米Mashableでは、主なサービス業者に対する調査を行い、このバグの影響の有無、対策の有無、パスワード変更の必要性について情報提供しています。

Mashable記事「パスワード変更が必要なサイト一覧」

この記事にある一覧表の中で、緑のチェックマークがあるサイトは、今すぐパスワードを変更すべきサイトです。ぜひ一度ご確認ください。

気になるのは、日本側のサイトですが、恐らく大手サービス業者のサイトでは、今急ピッチで調査が進められていることと思います。影響があったサイトに関しては、ユーザが早まってパスワードを変更しても、まずサイト側でバグに対する対策が行われていないと、またすぐそのパスワードが取られる可能性がありますので、対策が行われたことをまず確認してください。その後にすぐパスワードを変更することが重要です。

とりあえず、今すぐパスワードを変更すべきサイトとして、日本人がよく使っているのでは?と思うものを以下にピックアップしてみました。ご利用のサービスがありましたら、ぜひ今すぐパスワードを変更しておいてください:

Facebook
YouTube
Google
Gmail
Yahoo
Yhaoo Mail
Instagram
Pinterest
Tumblr
Flickr
Netflix

日本語のニュース記事も探してみました。ご参考まで:
セキュリティーバグ「ハートブリード」、広がる波紋と対策

投稿者:Yumi Hirahara

記事のリンク:http://pallasnet.com/news/832/

Facebookで見てもらう戦略、また変わる2013年08月29日 PM 05:52

私たちがFacebookを開く度に、1500ほどの表示可能な投稿から、その時画面に表示されるものが自動的に選択されます。この選択を自動で行うための計算式(プログラム?)を、専門家はアルゴリズムといいます。

Facebookが、見せる投稿と見せない投稿を勝手に選ぶとこについて、不満を言うユーザも少なくない中、今まではそのアルゴリズムについて、あまり情報開示されていませんでした。でも、最近、Facebook社の方針が変わり、少しずつですが、その仕組みをブログで公開しはじめたそうです。

その透明化の動きと同時に発表されたのは、最近英語圏にて導入が始まった新たなアルゴリズムです。今までは、投稿の新しさや人気度(いいね!やシェアの数)、発信者と受信者の親しさなどが大きな影響力を持っていたところ、今回の変更では、なんと1000以上の要素が結果を影響するようになるとか!全て公表されるわけではないのですが、いくつかの重要な変更点について発表がありました。

 

変更点を分かりやすい言葉でいうと:

1.「最近注目した相手」の投稿が表示されやすくなる。

2.「まだ見ていない」重要な投稿は、古くなっても表示されやすくなる。

 

これは、一般ユーザにとって、どういう意味があるか?

誰かの投稿に「いいね!」やコメント、シェアなどすると、次にFacebookを開いた時に、その人の投稿が出やすくなります。今まで以上に。

誰かの写真やリンクをクリックしたり、誰かのプロフィールページやアルバムを覗いてみる行為も、その人に注目したということになって、次からはその人の投稿がニューズフィードに表示されやすくなります。つまり、「なにこいつ!?」という好意以外の好奇心で誰かの情報を閲覧しただけでも、その人がやたら見えてきちゃったりするかも(><)!

もう一つの「まだ見ていない」重要な投稿を表示してもらえるのは、嬉しいこと?たとえば、さっきログインした時に、10個めの投稿があなたの憧れの人の写真だったのに、10個めの投稿までスクロールしないでログオフしちゃった!今までなら、もうその投稿は一度ランクインしたのにあなたの反応がなかったということで片付けられてしまうところ、今後は「これ、まだ見ていませんよね」という感じで、次にログオンした時に改めて表示されるかも!他の要素による点数が良ければ、ですけどね。

 

では、Facebookページを運営するビジネスにとって、どういう意味があるか?

「最近注目した相手」という要素が入ってくると、益々各投稿に対してアクションを起こしてもらう重要性が増しますね。誰も触ってくれない投稿ばかり発信していたら、どんどんページの存在が薄くなってしまします(><;)!

逆に、思いがけずに反応が良かった投稿があれば、その直後の投稿は最近反応してくれた人たちのニュースフィードに表示されやすいということも、頭に入れておいて!

また、その人に重要な投稿ならば、すぐに見てもらえなくても、「まだ見ていない」投稿として、次のログオン時に表示される可能性が高まります。なので、熱狂的なファンがいるページにとっては、非常に嬉しいこと!どんなページも熱狂的なファンを増やすことが、投稿を確実に見てもらうための秘訣になりますね。

 

以上、今後のFacebookアルゴリズム変更が、私たちにとってどういう意味を持つのか、なるべく分かりやすく説明してみたつもりです。わかった?(^^)

もう日本ユーザのニュースフィードも、新しいアルゴリズムに変わったのでしょうか?皆さんのニュースフィードはどうですか?何か変わった??

 

参考記事:

Facebook Updates News Feed to Feature More ‘High Quality’ Content

Facebook To Publicize News Feed Algorithm Changes, Starting With New “Story Bumping”

投稿者:Yumi Hirahara

記事のリンク:http://pallasnet.com/news/727/

Facebook動画CM、日本は2015年から2013年08月12日 PM 05:20

 

米国で今年中に始まると噂されている、Facebook動画広告が、2014年にはUS10億ドルの市場になるという予測がMorgan Stanley社によって発表されました。

Facebookに動画広告?
賛否両論、様々な意見が出てきそうですね。

形式としては、15秒までの動画がニュースフィードに、友達の投稿を一緒になって流れてきます。しかも、自動再生で動きながら現れます。最初は音声オフの状態で流れてきますが、気になってクリックすれば、音声付で最初から再生されます。

見たくない場合は、そのままスクロールして素通りするという感じです。ただ、Facebookのロード時間がちょっと気になっている人にとっては、動画まで自動でダウンロードされることは迷惑に感じるかも?

あくまでも予報ですが、このFacebook動画広告は、米国ユーザに今年導入され、2014年の後半でヨーロッパで導入されます。日本を含むアジアでは、2015年の導入予定です。

それまでに、Facebookアプリが軽くなってくれることを願いましょう。

またFacebook広告を使う企業の皆さん、(音声オフの状態でも)思わずクリックして見たくなる15秒間の動画CMの研究を今から始めてはいかがでしょう?

 

参考記事:

Analyst Prediction: Facebook Video Ads Will Generate $1 Billion in 2014
http://mashable.com/2013/08/08/facebook-video-ads-prediction/

投稿者:Yumi Hirahara

記事のリンク:http://pallasnet.com/news/675/

SNS休暇してますか?2013年08月01日 PM 03:12

皆さん、夏休みの予定はありますか?

どこかへ旅行しますか?それとも、お家でのんびり「オフタイム」?

 

その間、皆さんはメールチェックしますか?電話はでますか?

フェイスブックやブログなどに投稿しますか?ツィートしますか?

家族や恋人に頼まれたら、携帯やスマホを持たずに旅行に行けますか!?

 

米国TIME誌の調査では、電話/スマホを手放せる時間はせいぜい数時間だけと回答した人が45%、逆に長く我慢できる人でも1週間手放せる人がわずか19%でした。

実際に、旅行先にスマホを持参した人は77%、タブレット45%、ノートPC45%。そのうちメールをチェックした人は75%、仕事のメールもチェックした人は39%!

 

旅先でメールチェックするかどうかは、微妙ですけど、SNSへの投稿はするでしょう。

「素敵な場所に来ました!」、「こんなにのんびりしています!」、「楽しんでいます!」という投稿をして、友達に「いいね」してもらうことが、旅行中の楽しみ。

 

通常の休暇中、旅行中などに、SNSまで休んでしまうという人もいるでしょうが、多くの人は、普段に増して投稿するのでは?

でも、そんなSNSからお休みしたくなる時もありませんか?そんな時は、SNS休暇。これは必ずしも、通常の休暇と重なるものではないかもしれません。

 

MyLife.comによる調査では、米国ユーザの52%が、SNS休暇をとったことがある、またはとりたいと言っているそうです。特にFacebook利用について調査したPew Research Centerは、数週間以上のFacebook休暇をとった人が全体の61%!

 

Eメール、SNS、ゲーム、情報検索など、たくさんのことに使えるスマホ。単独で行動している時でも、すばやく友達や家族、社会と繋がることができる便利な道具です。そんな道具が手元にあると、つい(用事がなくても)電源を入れて見たくなります。タイム誌の読者アンケートでは、「スマホをチェックしないで10分以上耐えられない」という中毒な人たちがなんと20%も!・・・と、言いつつ、自分の身にも覚えが(^^;)

 

いずれにしても、スマホやタブレットがあると、ちょっと忙しくなることは言うまでもありません。せっかくの休暇や旅行の時は、画面を見ることをほどほどにして、自分が楽しんでいるその空間、その活動に集中することも大切です。そして、時には、電源を完全に切って、「通信オフタイム」を楽しんでくださいね。

 

Have a nice summer vacation!

 

参考記事:

Should You Take a Break From Social Media on Your Vacation?

Should You Take a Vacation From Checking Your Email?

投稿者:Yumi Hirahara

記事のリンク:http://pallasnet.com/news/668/

カドを立てずに言いたいことを言う方法

全国書店発売中!

「カドを立てずに言いたいことを言う方法」

平原由美の「女神たちの愛され交渉スタイル

仕事も生活も女性らしく、優しく、でもパワフルに。
遠慮も我慢もしない、堂々とした自分を発見したい!
そんな女性たちが集う、学びと交流の場です。

  • More
  • マシュマロサムタイムス
  • Books
  • eMagazine
  • Downloads
  • マシュマロスタジオ
  • So-Bee