Socialmedia Policy

みんなを幸せにするためにソーシャルメディアを使いましょう

株式会社パラスで働く全てのスタッフがソーシャルメディアを使う時に注意して欲しい基本原則です。株式会社パラスはソーシャルメディアを使う事を積極的に推奨します。株式会社パラスのスタッフだとプロフィールなどに記入してもいいですが、公式発言はできません。誤解のないように、株式会社パラスに不利益にならないようししてください。みなさんの行動が株式会社パラスのブランディングや信用に影響する事を自覚してください。みんなを幸せにするためにソーシャルメディアを使いましょう。
 
 
1. まずは使いながら慣れる。車の運転のように、いきなりうまくは使えません。最初は初心者とわきまえて、まわりの人達を観察しましょう。本やセミナーなども積極的に利用しましょう。オフ会なども参加しましょう。毎日使ってみましょう。それぞれのルールやマナーを守りましょう。
 
2. 発言、写真の投稿、プロフィール情報など、公開されても問題にならないか、判断して情報を出しましょう。間違った情報はすぐに削除しましょう。ただし、コピーなどが出回る場合もありますので慎重に投稿しましょう。
 
3. 機密情報は公開しない。現在おこなっている仕事のクライアント名や商品を出す場合は、許可を得てください。過去の仕事に関しても問題にならないか、充分考えて投稿しましょう。
 
4. お酒を飲みながらや、感情的になっている時は使わない。とりかえしの付かない投稿をする恐れがあります。
 
5. 人に迷惑をかけるおそれがある、言動、行動に注意しましょう。情報は広がります。不適切な発言は問題をおこす可能性があります。万が一、誰かに迷惑をかけたら、素早く謝りましょう。いろいろな考えの人がいます。トラブルにならないように注意しましょう。政治や宗教の話はしないようにしよう。また、議論する事もやめましょう。リアルとちがって情報量に制限があります。
 
6. 誰かの情報を引用する場合はリンクをつけるなど引用先を明らかにしましょう。著作権違反にならないように、法律を守って使いましょう。
 
7. 正しい情報を伝える。情報元を確かめて投稿しましょう。判断に迷う場合は投稿しない。間違った情報を流してしまったら、すばやく訂正して謝りましょう。問題の投稿も広がらないように素早く削除しましょう。
 
8. 特定の企業、商品、人物に不利益が生じないように配慮して使ってください。悪口や中傷などしないようにしてください。
 
9. みんなを幸せにする、明るくなるような投稿をしましょう。役にたつ情報を提供しよう。

カドを立てずに言いたいことを言う方法

全国書店発売中!

「カドを立てずに言いたいことを言う方法」

平原由美の「女神たちの愛され交渉スタイル

仕事も生活も女性らしく、優しく、でもパワフルに。
遠慮も我慢もしない、堂々とした自分を発見したい!
そんな女性たちが集う、学びと交流の場です。

  • More
  • マシュマロサムタイムス
  • Books
  • eMagazine
  • Downloads
  • マシュマロスタジオ
  • So-Bee