おかげさまで15周年!感謝のメッセージ♡

おかげさまで15周年!感謝のメッセージ♡2013年04月10日 AM 11:15

15年間、ありがとう!

株式会社パラスを創業して、早くも15年が経ちました。

インターネットに特化したマーケティングという分野で、激しく環境が変わる中、事業内容もそれに合わせて様々と変わってきました。

何を目指しているのか、迷うような時期もありましたが、そんな状況でも暖かく見守ってくださった皆さんの支えがあって突き進むことができました。いつも応援してくださる皆さんに心から感謝しています。

(以下、少々長くなりますが、今この節目で考えていることを語らせていただきます。よかったらお読みください♪)

 

アナログに戻る時代

15年前は「インターネットに特化した」というキーワードが斬新でしたが、ここ15年間インターネットを見つめてきて、これからはface-to-faceのアナログ時代だと感じるようになりました。

最近は、性別も顔も隠したままコミュニケーションできるソーシャルメディアが当たり前。そこでビジネスや人間関係が成立したり、しなかったり。

リアル社会で上手くいかなかったことが、ネット上なら上手くいくのでしょうか。実店舗で売れない商品がネットショップなら売れるのでしょうか。コミュニケーション下手な人がソーシャルメディアで人気者になれるのでしょうか。

本当の成果を目指すなら、ネットの世界やソーシャルメディアに全てを託すのは間違いだと思います。色々な近道を提供してくれるインターネットですが、やはり本当の価値とは、オンラインでもオフラインでも通用する価値でなければいけません。

 

ソーシャルメディアの時代だからこそ「エンタビジネス」

従来、商品やサービスを提供する企業は、自社のメッセージを届けるために媒体を買っていました。つまり、お金さえ払えば、見込み客とコミュニケーションできるという時代があったのです。

しかしここ15年間で確立されたのは、オンデマンドCMの時代。今は、企業からのプロモーションは見たい人が選びます。つまり「見たい」と思われないと、見てもらえません。これは広告の作り方に大きな影響を与えるものです。

そんな時代には、企業もエンターテインメント業界から学ぶべき!興味を引き、楽しませること。情報として、エンターテインメントとして満足度が高いメッセージ作りが重要になるわけです。

 

女性が女性らしく力を発揮できる社会を目指して

もう一つ、今までの15年間で通過した自分のライフステージで感じたこと。女性が活躍できる社会がまだまだ出来上がっていないこと。

10数年前に出会い、日本人向けのカスタマイズを手掛けた交渉力の教育プログラムがあります。これを基にした書籍も執筆しました。そんなノウハウを持てば、仕事もばりばりこなせるのではないか!と強気だった私ですが、どうも男性たちには遅れをとりがち。女を捨てたくもなければ、武器にしたくもない私にとっては、自分の働き方についてあれこれ悩むことがありました。

また、夫との出会い、結婚や出産という節目を迎えたのも、この15年間の間。自分の経歴や実績が、人生の節目を迎える度に中断されたり、リセットされてしまうような思いをかかえながら、男性たちと肩を並べて働く難しさ。こんな経験から、女性の女性らしい働き方について、いろいろ考えさせられたものです。

 

ソーシャルメディアは個人戦

大企業であっても、ソーシャルメディアを活用する際は、社長や社員の顔や声で個人的にコミュニケーションするほうが受けが良いことは明らかです。当社のような小さな企業こそ、ソーシャル時代では、組織というより個人の集合体です。

というわけで、これからの時代は、平原、ひらまつ共に、会社としてではなく、それぞれ各々の強みを活かした社会貢献を目指して活動していきます。

ひらまつたかおは、アイデアクリエイターとして活動します。斬新なアイデアを通じて、どんな事業活動にも、ソーシャルメディアにも、楽しく取り組み、周囲の人々を惹きつける方法を提案していきます。どんな目的があっても、楽しいプロジェクトをプロデュースしますので、いつでもご相談ください。

平原由美は、女性の交渉力向上を支援するコミュニケーションコンサルタントとして活動します。ソーシャルメディア時代の到来で、女性が活躍する場が増えました。選択肢が増えたことも関係あるかと思いますが、まわりの状況に振り回されずに、もう少し自分で舵取りしたいと思う女性たちのライフステージとキャリアマネジメントをサポートします。

 

株式会社パラス、社名の由来

ちなみに、わが社「パラス」の社名は、ギリシャ神話の女神「Pallas Athena(パラスアテナ)」の名前から名付けました。

パラスは、ギリシャの神々の中で唯一武器を持って男たちと戦う女性です。「戦略」や「戦術」を司ると言われながら、同時に「美術」、「芸術」、「知識」の女神でもあります。

戦っても男性に負けない、しかも腕力だけではなく、相手を圧倒する全ての「術」を合わせ持つ。男性と女性の強みを両手に持ち、未来を先取りしていく会社としてネーミングしました。

創業当初は、その意味を今ほど深く考えていませんでしたが、これからはこの社名に相応しく、暖かいパワーで社会に貢献していきたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いします!

投稿者:Yumi Hirahara

記事のリンク:https://pallasnet.com/communication/470/

カドを立てずに言いたいことを言う方法

全国書店発売中!

「カドを立てずに言いたいことを言う方法」

平原由美の「女神たちの愛され交渉スタイル

仕事も生活も女性らしく、優しく、でもパワフルに。
遠慮も我慢もしない、堂々とした自分を発見したい!
そんな女性たちが集う、学びと交流の場です。

  • More
  • マシュマロサムタイムス
  • Books
  • eMagazine
  • Downloads
  • マシュマロスタジオ
  • So-Bee